一度手が触れるたびにだんだんほぐれる。

いっしょうけんめい旅をしながら歩き回る 普段より活動量が多くなり、体中がだるくなるのが普通で、今回の日程では最終日、空港周辺で済州島のマッサージを追加したところ、満足感を示した。

ここは中央路という塔洞の近くにあった済州アロマ香りというマッサージショップをあらかじめ電話で予約しました。 空港にも近くて車に乗って来ると15分ぐらいの距離なので、訪問者が結構いるみたいです。 周辺には東門市場と龍潭海岸道路、ショップの裏にはショッピングセンターがあって、アクセスも良い場所でした。

すぐ隣の駐車場に駐車して、前に到着しましたが建物の3階に位置していました。 入り口から紫色の看板が見えるので、探すのは難しくなかったですよ。

3階のドアを開けて入ってすぐ最初に目にしたのは、足浴をする空間に華やかな花で飾られた空間が目に飛び込んでいましたが、ほのかに咲き誇る照明ともよく調和しています。

スタッフの案内に従って待機椅子に座って予約確認及び案内事項を伝えながら待つのが退屈なのではないかと思って、温かいお茶を差し出したそうです。 ハーブティーだったんですが、ほのかに漂う香りが 気分を良くしてくれました。

その横では済州島のマッサージを待っている間、退屈しないように本も様々な目録を準備している姿を見ることができました。 最新雑誌、朝鮮王朝実録、小説など意外にも分野が豊富で驚きました。

予約確認を終えて、気に入ったコースを決めてから、中に入ってみたらスペースも十分だったので、距離を置くにも良く、室内空間もかなり大きかったです。

隣の部屋にはカップル部屋も別にあって、こぢんまりと訪れる人にプライベートな空間で休めるんです。 インテリアは全体的に高級感がありながらも異国的なスタイルなので大丈夫でした。

ここに、ベッドの片方にはほのかに光を加えるスタンド照明が刺激的ではないため、楽なムードを添えていたんです。

壁の片隅ではここを訪れた有名人のサインも見ることができましたが、見れば見るほどどのようなサービスが受けられるのか楽しみです。

「本格的に済州島(チェジュド)のマッサージを受ける前に、私たちは服を着替えるために更衣室に入ったのですが、ここは全体的に衛生に気を使ったということをあちこちから感じられるのが気に入りました。

着替えの後、もっと濃く淹れたハーブティーをもう一杯飲みました~ 一杯のコップを注いで鼻と口に近づけると、暖かくて芳しい香りが緊張をほぐしてくれたんです」。

さわやかな香りが好きですっかりはまったので名前も聞いていたのに、あっという間に忘れてしまい残念ですね。

お茶をきれいに飲んだ後は、華やかな花々が咲き乱れる足浴コーナーに移動しました。 あたたかいぬくもりが感じられる水は、足を十分に浸けるほどたらいに満ちていましたが、その上、ハッカの香りが感じられるオイルを一滴落としました。

ハッカ油のおかげで涼しさと温かさが共存していた足浴は、そのままこのままでは退屈しないように石を一つ持たせてくれて、指先まで温かさを一緒に感じることができたそうです。

足浴が終わるまであまり時間はかかりませんでしたが、スタッフの皆さんがタオルを拭きながら足をぎゅっと押してくれて、すぐに済州島のマッサージスペースに移動しました。

予約を取っておいたベッドに楽に体を横にすると、本格的に固まった場所をほぐし始め、部屋の温度もぴったり合うのが横になっているので、すうっと眠気を感じることができました。

でも、まだスタート前なので目が覚めていたんですが、最初は遠赤外線とともにオイルを塗った後、丁寧に押さえるんです。

あちこち軽く指圧した後、普段の日常生活で多少だるかったり痛かったりした部分まで点検してくださるので、済州島のマッサージを受けに来てコンディションまで確認することができました。

専門的な手つきだったせいか、痛いところを探してどんどん押してくれるのですが、おかげで全身の疲れが少しずつ解消されるのを感じたんです」。

「最初は普段指圧したことのない部位だからか馴染みがなかったのですが、すぐに全身がほぐれてからだんだんだるくなってきました。 歩き回る間中凝っていた全身がそろそろほぐれましたよ。

それだけでなく、인천땀땡 手を後ろに回して筋肉を押してくれたのですが、涼しさをしっかり感じることができました。 オイルの香ばしさまでさりげなく加えて刺激的な部分がありませんでした。

一度くまなく全身を指圧した後は、ストーンセラピーで第2戦を始めました」。 足浴をする時に手の上に載せていた石が、背中の上に一つずつ増え始めましたが、最初に大きなストーンをのせる時は、灸を据えるような気分でした。

背中のストーンは熱気がそのまま残っていて、しばらく熱かったんですが、最初はぱっと熱かったんですが、しばらくすると体内の深いところまで感じられたんです。 みんなが聞きなさいと言うから、 セラピーを受けてるんだなと思いました。

「ストーンで受け継いだ済州島のマッサージはオイルとはまた違ったが、香ばしいながらもほのかな刺激が満足だったら、石はサウナに来たように全身を熱く押しながら凝ったツボをほぐしてくれました。

上半身が終わった後は、下半身部位に向かって 指圧をするんですけど あっという音がしたんです。 「一生懸命に歩くために固まっていた足の部位が、押してあげるほどぐんとほぐれてよかったのですが、普段はほぐしてくれない筋肉だったので、最初は少し痛みが始まり、涼しさも伴いました。

特に、卵がぎっしり固まっていたふくらはぎは、一度手が触れるたびにだんだんほぐれ始めることを実感することができ、その秘訣が知りたいほどでした。

頭からつま先までずっと下がってきたら、普段あまり気にしなかった足の指まできめ細かくサービスしてくれるのがとても気に入りました」

太ももはタオルで刺激的でなく、柔らかく伸ばして全体的に仕上げるコースなんです。 無駄のない手を受けることができて満足でした。

最後にはスポーツマッサージまで受けたおかげで、数回済州島マッサージのヒーリングをすることができました。 フルコース過程は瞬間ごとに驚くほどでしたが、相談を受けては、すごく選択できたなと思ったし、疲労感も解消できてよかったです」

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다