ローンの資格と条件、注意事項について見てまいりました。

内部経済が厳しくなると、優先的に被害を受けるのは小商工人と小企業です。 最近は、事業者を運営する資金が不足し、融資を利用しようとしても、融資審査の敷居が高くなり、低い金利で融資を受けることは難しいのが現実です。 困難に直面している小商工人、小企業にお知らせしたいローンがあります。 それは「信用保証貸し出し」です。 今日は、信用保証財団の貸付資格と条件について見て、注意事項も一緒にご紹介したいと思います。

信用保証貸し出しとは何ですか。
地域信用保証財団法の年に建てられた法人が、信用保証財団です。 主な業務は小商工人と小企業の信用を保証することで、信用保証財団中央会と都道府県別に地域別信用保証財団を運営しています。 注意したいことは、似た名前の信用保証機関とはまったく異なる機関です。

信用保証財団からの融資です。
信用保証財団が異なる貸付は、내구제 大きく分けて二つありますが、施設資金と運転資金などがあります。 どんな信用保証財団からローンを利用するのかによって種類が異なります。 簡単に説明すると、ソウル信用保証財団、信用保証財団中央会、京畿信用保証財団から保証と融資を受けられるものは、次のとおりです。



ソウル信用保証財団からの融資の種類です。



災害中小企業資金、創業企業資金、経済活性化資金(ソウル所在の小商工人)、緊急営業資金(零細小商工人)など、



京畿信用保証財団からの融資の種類です。



小商工人支援資金(創業資金、店舗賃借保証金など)の競争力強化及び創業資金など、運転資金(中小企業)



信用保証財団中央会保証の種類です。



日差しローン(事業者):日差しローンに合う条件を持つ自営業者、農林漁業者の

一般保証:施設資金、運転資金、小商工人の経営改善及び創業資金です。

特例保証:最低賃金経営障害企業、障害者企業、シニア創業、災害中小企業などです。



数多くのローンの種類ほど条件も様々ですが。 下記の内容で、地域別信用保証財団で扱われている平均的な信用保証財団の貸付条件および資格を確認してみます。


信用保証財団からの融資資格です。


事業者登録です。

まず、信用保証財団から融資を受けるためには事業者登録証が必要です。 その次に、事業者登録をした地域の信用保証財団の資格条件を調べる必要があります。 例えば、ソウル市に所在する小商工人や中小企業であれば、資格が与えられます。



業種ですよ

まず支援対象業種としては飲食業、家庭用品卸売業、飲食品卸売業、衣服及び繊維小売業、頭髪美容業などがあるのですが、 高級レストランや貴金属業、ゴルフ場、風俗店などは、でなければほとんどの業種は資格があります。



税金納付実績です。

信用保証財団の貸付資格の中で、営業中に税抜を誠実にされていたかもしれません。 信用保証財団に提出する書類の種類に、地方税完納証明書、国税完納証明書などがあり、役場と税務署が発行してもらって提出する必要があるからです。 (事業ユンヨン1年未満なら、売上証明資料で代わりに)


貸出金利です。

銀行の金利から銀行の金利から二次補填を支援する形式です。 ここで利ざや補填とは、銀行の金利を一定部分、政府から支援して減らすという意味です。 もし、ソウル信用保証財団から受け取った保証書を持って国民銀行から融資を受け、4%の金利が上がるなら、ここで1.5%を政府が代わりに支援し、残りの2.5%だけを小商工人が支払えばいいです。



貸し出し限度です。

ソウル·京畿道を中心に1社当たり最大1億~5億ウォンですが、小商工人なら1,000万ウォンから3,000万ウォンだと考えてください。 加えて、お店の規模や所得に応じて限度が変わりますのでぜひご参考ください。



貸し出しの期間です。

信用保証財団の貸付資格をよく確認して、信用保証財団の貸付は通常1~2年の据え置き期間をおいています。 言い換えれば1~2年は利子だけ出しながら残りの期間には利子と元金を一緒に償還することです。 元金均等分割返済、満期一時返済からお選びいただき、最長5年までのローン期間をお選びいただけます。

信用保証財団から融資を受ける際のご注意ください。


不法ブローカーです。

「最近、小商工人を相手に手数料を取る不法ブローカーが増えていますが。」 融資が困難な小商工人に書類を操作して融資を受けられるようにする」というふうに接近し、莫大な金品や手数料を要求するなら、注意しなければなりません。



もし、不法ブローカーを利用して融資を受けたとしても、摘発された場合、融資金の回収とひどい場合、刑事処罰まで受けることができ、融資が難しくても、不法ブローカーを利用した融資を受けては絶対にいけません。



休業および廃業の可否ですか?

貸付申請日が現在で休業または廃人の状態だと、信用保証財団の貸付を申請できません。 また、代表者が債務調整制度の対象であったり、個人回生進行中であってもできません。 そして、代表者の自家住宅、事業場の差押え、仮処分、仮差押えなどに処せられたことがあってはなりません。



他のローンと重複していますか?

延滞履歴が残っていたり、期待出が多すぎる場合は、信用保証財団からの貸付に否決されます。 それから、信用保証財団ではない信用保証基金を使っているときも、融資を制限されます。

今日は信用保証財団の貸付資格と条件、注意事項について学びました。 「信用保証財団の融資は、自営業者と小商工人の方々が優先的に調べる融資です。 低金利の融資を受けられて事業の安定化に役に立てば嬉しいです。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다